2017年10月13日金曜日

すずの驚きつぶつぶ体験記vol.32 \♪ レンコン週間♪/


9月上旬より、千葉の宮負さんが有機肥料で育てた無漂白れんこんの注文が再開しております。先日、ショップにも真っ白で大きなレンコンが届きました。ホクホクとした歯ごたえのあるレンコン。ごちそうごはんの具材として、また、メインのメニューやスープとして、お料理のレパートリーが広がります。久しぶりのレンコン料理で、スタッフの笑顔がいっぱいの1週間となりました(*^_^*)
今回は、ちょっと意外なメニューの紹介です。
これから肌寒くなる季節にいかがですか?

レンコンチャウダー
■材料■(4~5人分)
レンコンの薄切り120g、ニンジン100g、たまねぎ200g、干しシメジ10g、ゴマ油大さじ1/221/2、中力粉 1カップ、水45カップ、
コンブ5cm、白ワイン(または酒)
大さじ1、塩 大さじ1

■作り方■
①ニンジンはイチョウ切り、タマネギは厚さ3mmのまわし切りにする。干しシメジは1カップ(分量外)のぬるま湯で戻す。
②厚手のシチュー鍋にゴマ油大さじ1/2を熱し、
レンコンを中火でさっと炒めて取り出す。
③同じ鍋にゴマ油2と1/2を入れてタマネギを入れ、中力粉をふり入れて78分香ばしくなるまで炒める。ポロポロになっても大丈夫。
④③で炒めたレンコンと戻した干しシメジ、戻し汁と分量の水、コンブとニンジンを
加え、一度火をとめて、よく溶かす。再び、とろ火にかけ、かき混ぜながらコトコ
ト煮る。
⑤トロミが出たら、白ワインと塩を加えてさらに煮込み、好みで水を加えてのばす。

*牛乳もシーフードも使わないのに、クラムチャウダーのような風味になります。
シャキシャキとしたレンコンがお腹を満たしてくれます!
                         「野菜だけ? P127より」

2017年10月6日金曜日

まつ吉の「なんでですぅ?」vol .30               \♪初収穫…大騒ぎの末に…♪


秋のおいしい香がぁ~♪まつ吉です<(_ _)> ☀☀
食欲の秋です!おいしいものがぞくぞくと収穫されてますよね♪ まつ吉んちの小さな小さな畑でも、雑穀初挑戦!アマランサス収穫です♪ 【あんパンについてるケシの実そっくりで、ふやけることのない、たらこのようなプチプチ感の雑穀です。】殻がなく脱穀?いらず、比較的かんたん♪とあったので、深く考えず5月の雑穀種の販売開始早々に購入!ここまではよかったんですが、無計画もいいとこで、あれよあれよと種まきの時期も 過ぎ…ここからドタバタがはじまりましたΣ(゚口゚;

遅れたことで「急がんと-!」で気が焦りw(o*)w 【とりあえず感でやって!→それから調べる!】とおかしな感じを繰り返し…案の定「あ~早く植えなきゃー」「あ~畝がいらんかったー」「あ~背が高くなるんやってー」「あ~倒れる~支えしなきゃー」「あ~台風くるー」    w(o*)wそりゃそうですよね~無計画にも程があります! 

常にバタついてはいましたが、小さな芽が出た時や赤いきれいな花が咲いた時は「キレイやな~♪」とボーと眺める  いやしの時間を少なからずはあったんっです…(*)

刈り取りでも「色がくすんできたけど~」悩んで悩んで終了!    乾燥でも雨がふり…もうお気づきですよね、干す場所の確保もせずとりあえず干したもので「洗濯物が干せん-!」このころから上手くいかない事が笑けてきてまして、おもしろがっての作業になりました♪ 

そして脱穀です。殻がないのでゴミを取り除くだけなんですが、これがなかなか根気のいる作業で、もうホントに農家の方々には感謝しかありません! で、なんとか完成です♪

失敗も重なり、収穫もほんの少し…来年は今年の経験が活かせるはず!と自分を慰め、初栽培アマランサスで、初『アマランサス丼』を楽しみました♪
(><)ノ 
まつ吉の見切り発車から、家族をふりに振り回したひと夏となりました…w(o*)w
次の日、お店に並ぶ雑穀さんたちに「ありがとうー!」と     なぜか手を合わすまつ吉でした (*)
くだらない話にお付き合いありがとうございました。
新米♪新米♪ 何つくろっかな~(*´艸`*)


2017年9月29日金曜日

 ゆいぴーのつぶつぶ凸凹制作部vol。3           \♪つぶつぶカフェ訪問記♪/


夏休みに、新宿の未来食カフェレストランつぶつぶにおじゃましてきました。
楽しみにしすぎて朝からドキドキ♪わくわく♪
住宅街の中にかわいいお店を発見!
店内も木がたくさん使われていて癒されます。
都会の中のオアシス♪食後は早稲田大学まで散歩し、
都会の雰囲気を楽しみました(^^

 






 

 


 



この日の日替わりランチは                     
*ヒエフィッシュのきのこしょうゆあんかけ

*なす味噌炒め

*ズッキーニの塩もみナッツあえ

*いんげん、ピーマンのフリット

*サラダ ひじきマリネ

*六穀ごはん 青のりふりかけ

*きゅうりと粒そばのスープ



ヒエフィッシュは、言われなかったら魚じゃないなんてわかりません!
イタリアンハンバーグは食べ応えがあり、雑穀と野菜だけとは驚きです。
砂糖不使用のパフェ!とにかく食べてみてください!

皆さんも、是非つぶつぶカフェのゆったりとした空間で
ランチやディナーを楽しんでくださいね♪

2017年9月15日金曜日

すずの驚きつぶつぶ体験記vol.31             \♪スポーツ×爽やかカレー風味♪/


やっと、秋らしい風を感じられるようになった松山です。
今月末から「愛媛国体」開催という一大スポーツイベントスタート!
連日ニュースや新聞で取り上げられ、盛り上がることが大いに期待されています。
私も全国から来られる選手のみなさんを、おもてなしの心で
応援したいと思っているので、しっかり食べてパワーをつけるべく!
またお子様にもきっと喜ばれる!
爽やかな「カレー風味」のメニューを、ご紹介したいと思います。

ジャガイモのコロコロカレー炒め
■材料■(4人分)
炊いた粒ソバ・・・1/4単位(P42)、ジャガイモ・・・200g、合わせ油・・・大さじ1+大さじ2
カレー粉・・・小さじ1 水・・・大さじ2
自然塩・・・小さじ1/2+小さじ1/4
■作り方■
①ジャガイモは皮ごと1cm角に切る。
②油大さじ1を熱し、①をさっと炒めてから小さじ1/2をふる。水を加えフタをして、弱火でジャガイモに火を通す。
③②に油大さじ2を加え、炊いた粒ソバを炒め合わせる。
カレー粉、塩小さじ1/4を加え、炒め合わせる。 
*カレーの香りが食欲をそそります。満腹間違いなし!「つぶつぶ雑穀おかずP46より」

また、ある日のまかないメニューのご紹介!
毎年、ワンパターンのゴーヤ料理ではありましたが、
カレー粉を加えることでスタッフに大好評の一品となりました。よろしかったら参考にしてみてくださいね。
★ゴーヤ、タマネギ、にんじん、ピーマン…適量 ショウガ、ニンニク…適量
★ゴマ油でショウガ、ニンニクを炒め香りを出して、固い野菜から炒めます。醤油、酒で調味し、最後にカレー粉を加えます。
全体に混ざったら出来上がり。
*ゴーヤの苦みが少し和らぎ、食べやすくなるので、苦手な方にもおすすめです(*^_^*)

2017年9月8日金曜日

まつ吉の「なんでですぅ?」vol .29          \♪カラダに、おいし、癒し♪/


秋の香がちらほらと♪まつ吉です<(_ _)> ☀☀
この夏、暑かったですね〜まつ吉はこの暑さに負け、冷たいものをぐいぐいぐいぐい飲みまくっていましたら、案の定、体調を崩し「頭痛い~胃が重い~なんかだるい~」になってしまいましてw(o*)w
そんな時は…自分の体に正直に
【くずのリンゴフルフル】が食べたい!と。
「いやいや、葛って風邪にいいんじゃなかったっけ?」とか思いながらも、お鍋に〔葛粉・りんごジュース・塩〕を入れてグツグツまぜまぜ!簡単レシピで完成です♪なぜかほんのり桃の味?もして、ぷるんとおいしいんです♪何日かに分けて楽しんで…そしたら、症状も、治まっていました(><)ノ 
あったかくても、冷たくてもおいしかったです♪[つぶつぶ雑穀マタニティごはん(学陽書房)]→熱や風邪に!腹痛、頭痛にも効果が期待!と書かれてました。症状に多少のズレはありましたが…ただただ食べたかっただけなんでしょうね(><)

別の日の、暑い暑い日のことです。外で作業し「あつい~」とダレてましたら、な~んとなく「【梅酢】飲も()!」と思い、梅酢を水で割って飲んでみたら「あれ、おいしい!」でクーっと飲み干しました…実は、以前、教えてもらって飲んだ時に「なんか違う~」と感じ(料理には、たくさん使ってるんですが)今回
「飲みたい!」と思ったことが不思議だったんです。
素直に気持ちに従ってみてよかった♪スッキリとおいしい癒しアイテムが増えました♪
ホントは、作業前に飲んで、塩分と水分を補給し、夏バテ防止がいいみたいです♪
 
最後は、外せない【梅醤番茶】です!〔梅干し・熱い番茶・純正醤油・生姜汁〕[身近な植物による手当法(正食出版)] →内臓の強化、冷え性、胃腸病、関節炎、かぜ、貧血、下痢…などなど♪もう覚えられないので、なんか調子が悪いととりあえず飲んでます。すっぱからいんじゃ?いえいえ、おいしいんです!
どれも簡単でおいしくて、まつ吉の癒しアイテム♪
 そして安心アイテム♪(*) 野菜や果物の手当法も他にもたくさんあるみたいです。
いざという時にあわてないように、おいしく実習しておきたいと思います♪
焼き芋持つ手がここちいい~♪ 次なに食べようかな~(*´艸`*)

2017年9月1日金曜日

あおりん♥のやってみるみる!vol.11          \♪夏バテ知らず、です♪/



立秋過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日が続きまね。
暑いとお母さんは、台所に立つのもしんどいですよね。
そんな時には!!!
具だくさんのお味噌汁と、雑穀ごはんと、少しのおかずがあれば、心も体も大満足
 
夏バテ知らずです\(^o^)

 お昼のまかないで、ゆいぴーが『青ジソの塩漬け』と『青ジソとゴマの切りあえ味噌』を作ってくれました
これが!また!あおりんのツボにはまってしまいました(笑)
『青ジソとゴマの切りあえ味噌』は、青ジソの香りとみその旨味でご飯がすすむ!すすむ君です!翌日のスタッフに残せないかと思うほど、みんなのお箸も止まりませんでした(笑)『青ジソの塩漬け』は雑穀ご飯を巻いて!パクッ!うま~いヽ(^o^)丿
この2品を知って、青ジソをたくさん入手しても、大丈夫!になったあおりんです♪
青ジソは【野菜の中で一番多量のβ-カロチンを含んでいて、抗酸化成分、ビタミンも豊富】って[野菜だけ?]に書いていました。簡単、美味しい、体に良くて一石三鳥ですよね(^^)是非!夏休みのお昼や食欲の落ちた時に作ってみてください
(´ڡ`)


ではレシピを!【青ジソでお役立ち常備菜2品】野菜だけ? 187頁より
【青ジソの塩漬け】(材 料) 青ジソ…20枚 塩…小さじ1 水…大さじ2
(作り方)
 塩を溶かした水に、青ジソを1枚ずつくぐらせ、密閉容器に重ね入れる。塩水が残ればそれも一緒に入れて重石をして漬け込む。
 そのままおにぎりを包んだり、水洗いして料理に使う。
     ♪2〜3日後から食べられて、ふたをしっかり閉めて冷蔵すれば冬まで楽しめます♪

【青ジソとゴマの切りあえ味噌】(材 料)青ジソ…1015枚(12g)味噌…25g ゴマ…大さじ2
(作り方)
青ジソをみじん切りにして味噌と混ぜ、きざみながらあえる。
途中、煎ったゴマを合わせて、さらに切りながらあえる。


簡単! 美味しい! 栄養満点! もう言うことないですよね
まだまだ残暑厳しい毎日が続きますが、お味噌汁と青ジソで夏バテ知らずのあおりんです♬

2017年8月4日金曜日

まつ吉の「なんでですぅ?」vol .28 \♪やりおる!甘酒♪/


「夏の栄養ドリンク」「飲む点滴」などなど、最近はTVなどでも取り上げられる「甘酒」♪「酒」と書きますが、アルコール分はゼロ! 日本では古くから日常的に飲まれていた、腸を元気にする発酵飲料! 

つぶつぶの甘酒は、穀物と麹だけで出来た純正発酵食品。※五穀(もちキビ・もちアワ・ヒエ・黒米・赤米)、白米、麹、海の精。
←完成品の 【雑穀甘酒スイーツ】
自分で手作りも♪【雪の花(麹)】→  
大好きなつぶつぶアイテムの一つです♪(><)

さてこの【甘酒】からホントにいろんなおいしいものが出来るんです♪今の時期ぴったりの『甘酒アイス』『つぶつぶ甘酒白玉』『つぶつぶ甘酒かき氷』などなどはもちろん♪生地に入れて『パンケーキ』『甘酒ビスケット』♪小豆粉や白玉粉などと一緒に本格和菓子も♪【完全栄養バランスの発酵甘味料!】として 砂糖なし!乳製品なし!卵なし!のからだにやさしいスイーツ♪ ただただワクワクしますよね♪w(o*)w  [つぶつぶ雑穀甘酒スイーツ(学陽書房)] に載ってます! 
まだまだあります、カレーやキムチもできちゃうんです!「甘酒キムチの素」を作っておけばいろんな『キムチ』『キムチ冷麺』『キムチ鍋』♪などなど、甘酒で作る~?と思いますよね♪ どれもこれも、材料も作り方も超シンプルなのに!おいしいんです♪[続・野菜だけ?(メタブレーン)] [おいしい漬物料理術(海の精クラブ)]に載ってます!
なかでも、まつ吉「甘酒入りおばあちゃんカレー」が大好きです♪ 家族に「これだけは上手に作るね~」これだけ…?と思いながらもバクバク食べてくれる姿にニヤつき自分もバクバク食べちゃいます♪ 
つぶつぶのレシピはホントにいっぱい♪まだまだ知らないおいしいものがある!ということはまだまだ知らない楽しみがたくさんあるってことですよね♪ ニヤつきが止まらないまつ吉でした。(*)  

右手にトマト、左手にキュウリで♪ 次なに食べようかな~(*´艸`*)