2017年7月21日金曜日

あおりん♥のやってみるみる!vol.10                    \♪ソーメンはお好き?♪/



全国的に梅雨明けしましたね!あの猛烈な暑さがまた連日続くのかと思うと、
すでにグッタリしてしまいそうです。松山は突然スコールのような大雨が降ったかと思えば、雨の後にはすぐに蝉の鳴き声が聞こえてくる…そんな不安定なお天気が続いています。

さて、食いしん坊あおりんの今回のおすすめは・・
続・野菜だけ P175から『すったエゴマと味噌を使って』≪冷や汁ソーメン≫♪
出会いは昨年。未来食ショップ つぶつぶに入った頃、お昼のまかないでいただきました!
「こんなに簡単で、美味しくって、栄養たっぷりなソーメンのつけ汁があるの?!」と感激♥
今年は絶対!自分のまかない当番の日に作ろうと思っていました。
が、お料理のセンスがないあおりんは・・・キュウリの薄い輪切りは厚切りになり、
なすは3㎜厚さが5㎜になり…食感は味をも左右する事を、身を以て体感しました(+_+)
でも!でも!!美味しかったです。大量に茹でたあまらんさすうどんとそうめんを
店長やスタッフは一生懸命食べてくれました(*^_^*)

【冷や汁ソーメン】材料(4人分)
ナス200g・キュウリ100g・ミョウガ50g・ソーメン200g・合わせ油大さじ1・塩適量・エゴマ30g・麦味噌45g・水1カップ・薬味(ミョウガ1個・青ジソ4枚)
つけ汁はたくさん作ってください!
おいしくて絶対足りなくなります!

作り方
①ナスは縦半分に切り、3㎜厚の斜め切りにする。キュウリは 薄い輪切りにする。ミョウガは縦半分に切り、斜め薄切りにする。(薬味用の1個分は別にしてとっておく)青ジソは千切りにする。
 




②フライパンに油を熱して①のナスをさっと炒めて、塩を少々ふる。
③エゴマを煎る。鍋を火にかけ、鍋が温かくなったところにエゴマを入れる。鍋を軽くゆすっては、火の上において煎り、エゴマがはじける音をよく聞いて、2.3粒パチパチと音がしたら、すぐに用意しておいたすり鉢に移す。煎ったエゴマを、すりこぎで半ずりにする。味噌を加えてさらにする。
④③に水をすこしずつ入れて味噌を溶いて、①のキュウリとミョウガ、②のナスを加えて冷やしておく。
⑤ソーメンをゆで、ミョウガと青ジソを添えて④につけて食べる。


★今夏もおいしいまかない食べて、夏バテしらずで過ごす予定のあおりんです★
皆さまもつぶつぶのおいしいレシピで、元気で楽しい夏をお過ごしください(*^^)v

2017年7月14日金曜日

すずの驚きつぶつぶ体験記vol.29 \♪ニラづくし♪/


『まだ梅雨は開けてないよね…?』そんな声もちらほら…連日猛暑の松山です(+_+)
今年は少雨のようで、節水を呼び掛ける広報車が走っていました。
作物にとっては一大事!
これは人間にとっても同じこと・・・水が無くては大変です。
実は過去に(平成6)、夏季の異常な少雨により、石手川ダムが干上がり、 
4か月間も給水制限が行われ、
最もひどいときには、19時間断水(1621時のみ給水)という、
非常事態を経験しました。
なので、雨はありがたいもの! 梅雨の鬱陶しさも、暑さも乗り切るべく、ショップでは美味しいご飯をたくさん食べて、毎日頑張っております(^_^)/

☆今回はスタミナモリモリ!色味も鮮やか!食欲の湧く、美味しいおかずのご紹介です☆
カボチャとニラとハルサメの炒め物
■材料■(3人分)
カボチャの千切り・・・100g、緑豆ハルサメ・・・8g、ニラ…50g、なたね油・・・大さじ1、塩・・・小さじ3/4、酒・・・大さじ1、醤油…小さじ1ゴマ油…小さじ1
*緑豆ハルサメはゆでた状態のものなら、30(ゆでると、約4倍になる。)
*ニラをピーマンにしても美味しい。

■つくり方■
①ハルサメを大きいビニール袋の中でハサミを使って切る。
②①を沸騰した湯で3分ゆでる。
③フライパンになたね油を熱して、カボチャを炒め、半透明になったらハルサメ、
ニラの順に加えてさっと炒めて塩、酒で味付けする。
④仕上げに醤油とゴマ油で風味をつける。          
                        「野菜だけ? P29より」


☆もう一品は、何度かご紹介した、簡単ニラソースを使ったものです☆
ごま豆腐のニラソースかけ
保存容器に、醤油大さじ3、梅酢大さじ1、ゴマ油小さじ2を順に入れ、みじん切りのニラ25gを入れてよく混ぜます。そのまま冷蔵庫で長期保存が可能です。かけてよし!
炒めてよし!の万能調味料です。            
                        「続 野菜だけ? P117より」  

2017年6月23日金曜日

あおりん♥のやってみるみる!vol.9           \♪梅雨時のSHOPのあれこれ♪/


ここ愛媛は67日頃に梅雨入り…しかし雨が降らず、この夏は水不足&酷暑なのではと、心配なあおりんです。ジメジメな梅雨はいやですけど、水不足はもっといやですよね(松山は20数年前に渇水発生!当時、時間給水になり、とても困った年があったのです(_)!!

気温が高くなる時季には、SHOPの商品にも、さまざまな配慮が
必要となるモノがあります。その代表が【海の精のお味噌たち】。
※以下、海の精さんに質問して詳しくお聞きしました。 
海の精のお味噌は麹菌が生きている無添加の生味噌。酵母や乳酸菌が活動しています。  
おうちに届きましたら、冷蔵庫に立てて保管してくださいね。
豆味噌の表面に出る白い粉状のものは「産膜酵母」と呼ばれる酵母菌の一種。
人体に害はありません。発生した部分の風味が変わるため、その部分を取り除いてお召し上がりいただくことを海の精では勧めていますが、そのまま召し上がる方もおられるそうです。
でも、白くなっているのを初めて見た時は…ビックリ!しますよね。

お味噌の袋が膨らんでいることもあります。夏場に温度が上がると、酵母や乳酸菌がよく活動して発酵がすすみ、炭酸ガスを発生するため袋が膨らみます。空気を逃がすバルブ(穴)が裏側上部についていますので、袋の上部を持ってそーっとガスを抜いてあげます。
ひしおや甘みそは白い粒々ができていることも。これはアミノ酸の一種「チロシン」。大豆のたんぱく質が分解されてできるもので、もちろん人体に外はなく、風味に影響するものでもありません。
 

















だから…皆様のお手元に届いたお味噌たちの様子がいつもと違っても…安心してください!!
無添加、お味噌が生きている証拠ですから!!!←ここはちょっと前のお笑いのフレーズな感じで声に出して読んでください(笑)
つぶつぶファンの皆様にはきっと当たり前の事ですよね。でも、中には白くなった豆味噌や膨らんだ玄米味噌が届いてビックリされた方もいるかも
安心してください!!無添加、お味噌が生きている証拠ですから!!!←くどいって()

今回も新発見が沢山できて、うれいしいあおりんでした(^_^)/
梅雨は、鬱陶しくて気分も体調もすぐれなくなる時期ですが、海の精のお味噌たちを使い、『味噌がおいしい』のレシピで、グルメなまかないを作って、
食べて(´ڡ`)がんばるあおりんです!!

2017年6月13日火曜日

すずの驚きつぶつぶ体験記vol.28            \♪一口タマネギと高野豆腐を使って♪/

【時短でボリューミーなおかずを作る!】ショップのお昼のまかないには必須条件です。
今回は、旬のタマネギを使ったスタッフ絶賛のレシピをご紹介します(*^_^*

 1品目【高野豆腐とタマネギの炒め塩煮】
■材料(6人分)■
高野豆腐…3枚、 一口タマネギ…1個分、インゲン…200g(今回はネギを代用)、コンブ…5cm、    水・・・1/2カップ、油…大さじ3/4、塩…小さじ2/3
■つくり方■
①高野豆腐を戻し、一口大のそぎ切りにする。
②タマネギを油で炒めて、半量の塩をふり、コンブと水を加えて残りの塩をふる。
③インゲン(ネギ)と高野豆腐を②の上にのせてふたをし、煮立ったら中火にして、ときどきヘラで表面を押しながら、煮込む。タマネギがクタッとして、インゲンが柔らかくなれば出来上がり。
*この時期は、新タマネギの甘さがより一層際立ち、さっぱり味の一品です*

2品目高野豆腐とタマネギのカポナータ(トマト煮)
■材料(6人分)■
高野豆腐…4枚、トマト…250g、油…小さじ2、一口タマネギ…250g、塩…小さじ11/2
■つくり方■
①高野豆腐を水、または熱湯で戻して絞り、一口大のそぎ切りにする。トマトも一口大に切る。
②タマネギを油でさっと炒めて、高野豆腐とトマトを加え、塩をふって、ふたをして中弱火で煮込む。タマネギが透き通って、クタッとしてきたら出来上がり。

*実は、上記2つのメニューは同じ材料。*
『高野豆腐とタマネギ』で少し味を変えてみよう・・・インパクトのあるものにしてみよう・・・と思い、初めにニンニクを加え、油→オリーブオイルに変更して、仕上がりにパセリを散らし、イタリアンなイメージで作ってみました。トマトの酸味とタマネギの甘みがバランスよく、我ながら上出来だったと自画自賛いたしました()!是非お試しくださいませ!     
「野菜だけ? P177より」

***************************************************************************************
「一口タマネギ」にこだわる♬
つぶつぶファンのみなさまなら、既にご存知かと思いますが、

つぶつぶは「野菜の切り方」にこだわっています(`・ω・´)ゞ
「切り方なんて、どうでもいいじゃん!」
「おなかに入れば、みんな一緒よ〜」と言われる方もおられるかと
思いますが(かく言うワタクシもその一人でした)


これが…チガウんです!
食感はもちろん、火の入り方、旨味、香り、色合い…
「切り方って、大事!!」とつくづく実感いたします。


今回の「すずブログ」に取り上げましたタマネギも
「一口タマネギ」と申しまして、切り方、こだわっております、ハイ♪


タマネギを放射状に切ると、中心の方は細かくなりすぎ、
料理すると先に火が通ってくちゃくちゃになってしまいます。
そこで、下記のように切り方を工夫すると、
形が揃い、味が均等にしみ込む一口タマネギができます。

  
1.縦に4等分したタマネギを、横半分に切る。             
          
   2.切ったタマネギブロックの、中心を外す。

                



3.その外側を2つに切る。   
                                                              4.一口タマネギの出来上がり〜〜♪

 






透き通ったタマネギの、ほんわか甘い独特の食感を
楽しむ一口切りは、白い透明感を楽しむ具として
主役にもアクセントにもさまざまに活用できます。

※野菜だけ? P176より


「へ?こんなことくらいで?」「え〜〜そんなに変わらないでしょ?」
イヤイヤ(*´ω`*)、いっぺん騙されたと思って、「一口タマネギ」やってみてくださいな。
調理の最中も、口に入れた時も、手勝手もよく、味わいにバラつきなく、ワンランクアガる一品に仕上がりますよ。
ぜひお試しください〜〜(๑´ڡ`๑)

2017年6月9日金曜日

まつ吉の「なんでですぅ?」vol .26 \♪新・倉庫、完成♪/


もうすぐ梅雨入り? つかの間の晴れ間に書いてます、まつ吉です<(_ _)> ☀☀

前回お知らせさせて頂きました
倉庫内引越が無事終了♪♪
みっちゃん店長の 
「倉庫、増やすよ!」宣言から
「迅速に!軽快に!動ける」
倉庫へ。
【つぶつぶ】たちいっぱい♪の倉庫
堂々完成です♪
ショップの裏に、かわいい倉庫が2個並びましたよ♪
(臨時休業いただきまして、ありがとうございました!)

引越当日、みっちゃん店長
はじめ、スタッフもバタバタ
です。


「コレどこに置くんだっけー?」「コレどうしますー?」「まだ出てきますー!」隙間なくモノを置いていたので、出す作業だけでも大変!お祭り騒ぎです。
 (><)ノ゙*
 
以前は、スタッフがすれ違うのも「後ろ、通りま~す」「ごめんなさ~い」が飛び交っておりました♪

その掛け声は変わりませんが「のろのろ」な「カニ歩き」は少なくなりました♪(*^_^*)

 梱包台も少し手を入れ、作業がスムーズにできるようになりました♪
 ※余談ですが…雨の日に負傷したみっちゃん店長、完全復活です♪→→

今までは、人ひとり通るのがやっとだったため、ご来店のお客さまにも「足元、気をつけてください」と声掛けを…。今では、【つぶつぶたち】をゆっくり手に取って見ていただけるようになりましたよ♪ですが、みっちゃん店長の新商品発掘のパワーは止まりません!倉庫が【つぶつぶたち】で埋め尽くされるのは、時間の問題のような気がします…(*) 
新商品に会えるのが楽しみなようで、
それ、どこに置こう(泣)で、悩むまつ吉でした。

ソラマメ・えんどう片手に♪ どうたべようかな~(*´艸`*)

2017年6月2日金曜日

あおりん♥のやってみるみる!vol.8 \♪祭りシリーズ2・新人MATURI♪/


ゴールデンウイークもあっという間に終わりましたね♪《未来食ショップつぶつぶ》は
プチリフォームや模様替えが終わり、一段と快適にお仕事ができるようになってきています♪
(この続きは次回『まつ吉さんのブログ』をお楽しみにしていてくださいネ(*^^)v

さて~ショップには5月、三人の新人さんが入って来てくれました!!2040代と
年齢もバラバラですが・・・確実にショップの平均年齢は下がりましたよ()
 写真は朝のミーティングとラジオ体操の様子です。 
ネッ!!背中も頼もしいでしょう!

 



















仕事もサクサクこなして行く三人、頼りがいあり!覚えの悪いあおりん、焦りあり!() 
                新人スタッフYさんは、
    勤務初日からコーンごはんと具沢山お味噌汁のまかないを作ってくれました!
       スタート日からまかない作れるなんて・・・素晴らしい!
      お料理も好きに違いない(あおりんの勝手な想像ですが(#^.^#)
     これからどんなまかないを作ってくれるのか楽しみなあおりんです

 
プチリフォームや模様替え、新人さんも入って《未来食ショップつぶつぶ》はどんどん進化して行きますよ!

そんな進化に乗り遅れないように頑張らねば・・
と思うあおりんでした(*^^*)
 

2017年5月12日金曜日

すずの驚きつぶつぶ体験記vol.27 \♪タケノコ祭り♪/


『今年のタケノコは裏作』・・・と、言われているようですが、

ショップには新鮮なタケノコが次々と届き、大豊作です!

もれなく、スタッフのランチメニューへと変身いたしました(*^_^*
 
ある日は、じゃがいも、シメジ、ニラと一緒にごま油で炒め、醤油や豆味噌、唐辛子などの調味料を加えて、中華風の一品に!→

↓またある日は、無難に厚揚げと煮物に!

このタケノコ、なんと、台湾産のタケノコ…


            実は、近々、当ショップで販売予定

『有機たけのこ水煮』です。「はちく」のような細長いのものでしたが、とてもしっかりした、食べごたえのあるものでした。


他にも「有機たけのこ塩蔵」「有機発酵たけのこ塩蔵」もあります。

それぞれの旨みを堪能していただければと思います。
 日本語表記のシールの準備も万端!
 整い次第、サイトにアップいたしますので、チェックしてみてください。




     \数量限定!ぜひお早めにお試しくださいませ/